仲間を知る

2019年入社 伊藤 明子

2018年入社 井澤 亮太

2010年入社 水本 敦美

2000年入社 赤堀 友紀

INTERVIEWインタビュー

会社の名前ではなく、
私の名前で
頼ってもらえる
営業になりたい。

伊藤 明子

2019年入社
部署:東京サービスセンター第4グループ

Q1
入社のきっかけは?

企業理念の仕事とプライベートのバランスを大切にしつつ、働く楽しさを見出したいと思ったからです。
メリハリをつけて働けるので、水・金のノー残業デーは特にプライベートも楽しんでいます☆

Q2
業務内容を教えて下さい。

営業職です。外出業務時は取引先を回り、新規の案件の打ち合わせ、進捗状況の報告など。
事務所では案件の管理や、報告書の確認、確認担当の業務員さんに指示を出したりしています。

Q3
人や文化で好きなところは?

先輩後輩みんな仲良しなところ。
いつ質問しても、しっかり答えてくれる先輩がたくさんいて心強いです。

Q4
今後の目標を教えて下さい。

会社の名前ではなく、私の名前で頼ってもらえる営業になりたいです。
先輩がいつも同じ時間に取引先の会社に訪問していましたが、ある日少し遅れてしまい、
担当さんが心配して事務所に電話してくださっていた、という話を聞き、
私もそんな営業を目指したいな、と思いました。

応募者にメッセージ

覚えることが多く大変ですが、それに負けないくらい充実した業務で毎日楽しいです!
保険にも詳しくなるので、日常生活でも役に立つ知識がつきます。

INTERVIEWインタビュー

やればやるほど知識がつく。
それがすごく楽しい。

井澤 亮太

2018年入社
部署:東京サービスセンター第1グループ

Q1
入社のきっかけは?

きっかけは転職エージェントで紹介されたことです。
営業職志望で数社候補を上げていただいたうちの一つに「審調社」があり、
社会の役に立てる仕事に就きたいと思っていた私にとっては、
審調社は保険の不正請求を確認する仕事という点で公益性を感じ志望するに至りました。

Q2
仕事のやりがいを教えて下さい。

仕事の流れはシンプルなのですが、時々知識不足の壁にあたり、その都度、先輩方に助けてもらっています。
そうしていく上で知識を身に付けていき、同じ壁を一人でクリアできるようになった時にやりがいを感じます。

Q3
入社してから成長したと思う
ポイントを教えて下さい。

様々な事象に対し、主観的な考え方をせず客観的で公平な考え方ができるようになったと思います。

Q4
人や文化で好きなところは?

弊社の業務ではやればやるほど知識が身に付いていくので、先輩方や上司の皆さんは非常に多くの知識を持っています。
自分が業務を進める上で困ったことがあった時、相談をすれば必ず有効な答えがもらえますし、
話しかけづらい雰囲気は全くなく、積極的に相談に乗ってくれるのはこの会社の良いところだと思います。

応募者にメッセージ

審調社では入社後、業務についての研修があります。
入る為に必要な知識はありません。
少しでも社会の役に立ちたいという気持ちがあるのなら、共に働き、より良い社会を作りましょう。

INTERVIEWインタビュー

「ありがとう、助かったよ」
その言葉が、最大の喜び。

水本 敦美

2010年入社
部署:東京サービスセンター第3グループ
営業係長

Q1
入社のきっかけは?

もともとマスコミ志望で、何かを調べる仕事に就きたいと考えていた時に、
合同説明会で審調社のブースを見つけ、海外旅行保険の疑義案件調査について伺い面白そうだと思い応募しました。
結果的にマスコミには行けませんでしたが、大きなことを調べるマスコミより
生活により近いことを調べる今の仕事の方が向いていたのではないかな、と思います。

Q2
入社してから成長したと思う
ポイントを教えて下さい。

仕事をしている時は自分よりお客様を第一に考えるようになり、
お客様が待っているから何かするという意識に変わりました。
「自分の仕事が溜まっているからお客様に何かができない」等、辛い時や苦しい時は考えの軸が自分に向きがちですが、
お客様が求めているから自分はこうする、という意識に自然に変わっていきました。
そういう考えに変わると、気持ちも上向いてきてお客様のために頑張ろう!と思えます。

Q3
人や文化で好きなところは?

年次も上になってきたので、今後管理職になるのが目標です。
常に「今後輩が困っている問題は自分が上司だったらどうするか」ということを考えるようにしています。
今はみんなに頼ってもらえる先輩になれるように、知識面や雰囲気づくりに尽力し、
知識面もですが、メンタル面などでも頼りになる管理職とは何かを考えて行動しています。

応募者にメッセージ

営業職は辛いことが多いと思われがちですが、やりがいはあります。
あと頑張れば給料もいいです。
この仕事の営業はガツガツした体育会系でなくても務まるので、新しいことに挑戦したい方、ぜひ応募してください。

INTERVIEWインタビュー

人と人を繋ぎ、
ご依頼者様のより満足へ。

赤堀 友紀

2000年入社
部署:東京サービスセンター第1グループ
グループ長

Q1
業務内容を教えて下さい。

第1グループの運営、所属する営業職の管理監督、個別事案の内容審査を任されています。

Q2
仕事のやりがいを教えて下さい。

得意先及び調査員とコミュニケーションをとりながら業務を進め、結果的に得意先に満足いただけたときにやりがいを感じます。
ポジションとしては営業職の成長を実感できた時にもやりがいを感じますが、
自分自身が管理職としてまだまだなので、部下に対する指導・教育については色々と模索中です。

Q3
入社してから成長したと思う
ポイントを教えて下さい。

現在も視野は狭い方ですが、様々なことを経験して、ちょっとやそっとのことでは動じなくなりました。

Q4
今後の目標を教えて下さい。

営業力の底上げをして、グループ一丸となって目標粗利を達成することです。

応募者にメッセージ

仕事は、自分が担当する部分だけでなく、色々な人に繋がっていきます。
みんなで協力してつくりあげる、というような仕事をしたい方、一緒に働いてみませんか。